待ちぼうけ

a0209045_115547.jpg

友人とお茶を飲んでいると、窓越しに一匹の犬が
エスカレーターの脇に繋がれているのが見えた。
a0209045_1124161.jpg

その白い犬はご主人様の帰りを待って、
ただひたすら待って・・・。
a0209045_1132224.jpg

やんまるが帰るときも待ちくたびれた眼をしてそこに・・・いた。

      待つ
    待ってもむだな ことがある
    待ってもだめな こともある
            
         待ってもむなしき ことばかり
         それでもわたしは じっと待つ
                         相田みつを   

# by yannmaru195 | 2012-12-21 11:12 | 日記 | Comments(0)

さよなら、秋

a0209045_20122653.jpg

故郷では雪がちらつき、冬の準備だとか。
でも東京では、2~3日前まで紅葉が綺麗だったんですよね。

a0209045_2012597.jpg

小川に手を入れて、紅葉を掴もうとしたら・・・あっ、冷たいっ!

a0209045_20285219.jpg

この日、小石川後楽園近くの東京ドームでは、人気グループの応援グッズを買う人達の
長蛇の列が・・・。

銀杏の葉も落ちて秋は終わりなのかなぁ。
さよなら…秋。
# by yannmaru195 | 2012-12-16 20:30 | 日記 | Comments(0)

もう一人の母

a0209045_14271692.jpg

私は生まれた時、2500グラムに満たない未熟児だった。
その上、母は母乳の出が悪く、心配した母の実家から
一頭のヤギが連れて来られた。

その日からヤギは私の乳母となった・・・。

当時粉ミルクはあっても、薬局はおろか、
小さな雑貨店しかないような田舎町では粉ミルクを手にいれることは大変だっただろう。
そんな時代の正月6日寒い冬の日に生まれた。

乳母となったそのヤギが、どのような一生を終えたかは聞かなかったが
お陰様で私は人並みに大きくなり、そして母になった。

動物園に行ってみた。
沢山のヤギに囲まれたとき、みょうに懐かしく、ヤギの目がこのうえなく優しく見えた。


 
# by yannmaru195 | 2012-12-15 15:05 | 一枚の写真物語 | Comments(0)

木洩れ日

a0209045_2342558.jpg

木洩れ日の やさしき陽ざし背に受けて
     君を想えば こころ紅     
                  ・・・ ケサランパサラン・・・






        
# by yannmaru195 | 2012-12-09 00:18 | 日記 | Comments(0)
a0209045_20182185.jpg

東大と言えば銀杏並木・・・なんですが、
本郷の安田講堂に向かう並木は多分大勢の人だろうなあ~・・・、
と思い、あえて駒場に行きました。
今日は平日なので観光客もほとんどいなくて、まったりとした時間が流れる中、
秋の日差しがいい気持ち・・・。
a0209045_20203093.jpg

a0209045_20205431.jpg

秋になると必ず訪れたくなる秋色の綺麗な駒場キャンパスでした。
銀杏並木、まだまだ見頃ですよ。
# by yannmaru195 | 2012-11-29 20:31 | 日記 | Comments(0)

写真日記


by やんまる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30