星に願いを・・・



a0209045_1727242.jpg



リオオリンピックの陸上予選で盛り上がって居る頃
やんまるは故郷岩手の夜空を眺めていました。

12日から13日は、3大流星群の1つ「ペルセウス流星群」が極大を迎えるというのです。
12日「今夜が一番沢山の流れ星が見られる」との情報で21時から北東の空をガン見!
1時間の間になんと3個も見ることができました。

昨夜がピークなら、「今夜もきっと見られる」
そんな確信?があって13日も22時からまたまた外へ。

「首が痛いよ・・・」なんて言う娘と二人で眺めていると、
5分後、「あっ・・・」
完璧に美しい流れ星。
またまた25分に流れ星。
たぶんその間も数個の流れ星はあったような気がします。
というのは、流れ星はほんの一瞬の出来事なのです。
「・・・気のせい?」みたいに思ってしまいます。

毎年ペルセウス流星群を楽しみに帰省しているようなもので
・・・今年は大満足!

自分がその星の最後に立ち会ったような・・・、そんな気がするのです。

幼い頃から眺めていた故郷の夜空で
娘と二人、肩を並べて流星を見られるなんて、こんな幸せはないですね。

いくつになってもワクワクしてしまった、やんまるなのでした~。
by yannmaru195 | 2016-08-14 18:05 | 天文 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31