a0209045_8225922.jpg
戸田公園のボート場にはやんまるさんの知る限りで、6匹ぐらいの猫さんたちが、それぞれの持ち場?で、のんびり気ままに過ごしています。

彼女はママさん猫で、育児の合い間にお散歩にでたもようです043.gif
やんまるさんは、しばらく追いかけてみました。
突然、目の前で、ゴローン。
やんまるさんが怪しいものではないと分かって、心を許してくれたのでしょうか。
決して行き倒れの猫さんではありませんから、ショックを受けないでくださいね。

可愛いお顔のヤンママなんです
次回、ご覧いただきますね。
# by yannmaru195 | 2011-06-09 08:30 | ねこさん | Comments(0)

一年半前の出会い

a0209045_18485259.jpg


去年の一月、マラソンの応援に荒川土手に行った時のことです。
対岸に、何やら不思議な光景を発見。目が釘つけになりました。
大きなボートをひっくり返して、担いでみんなで階段を上る姿がすごーく素敵だったんですね。

次の週から、やんまるさんは足しげく、荒川土手に通いました。
だって、そこに行けば、あの人達に会えるんですから・・・・

荒川から陸に上り、ボートを担いで上る姿を見たときの、感動の一枚が、これです。

東大の方々です(ずーっと後になってわかりましたが・・・)。

もう少し若かったら、ボート部入ったんだけどなー。
メガホン片手にチャリで追いかけたかったな~。

というわけで、やんまるさんは、メガホンでなくカメラを片手に、ボート場を行ったり来たりしています。
# by yannmaru195 | 2011-06-08 18:54 | ボート | Comments(0)
今日のやんまるさんお薦め映画は2004年度のアカデミー賞ノミネートされたコーラスという
作品です。
昔、コーラスといえばウイーン少年合唱団でしたが、サンマルク少年少女合唱団はこの映画で注目されました。ソリストでもあるジャンの唄声はとても綺麗で透明感があり、影のあるちょっとナイーブな役柄は母性本能をくすぐるかも知れません。はっきり言ってイケメンです。
ジャンが素敵なのは言うまでもありませんが、ぺピノという少年も可愛いです。
去っていくマチュー先生を追いかけてバス停に走る姿がかわいらしいんですね。
小さなキツネのぬいぐるみを抱いて小さなカバンを持って・・・・。走るたびにキツネの頭がちぎれそうになるんです。

先生と生徒の心温まる映画・・・、だけではないのでぜひ是非、ご覧くださいませ。
因みに、やんまるさんの好きなシーンはマチュー先生が学校を去る場面。
教室の窓からさよならの紙ヒコーキを飛ばし、いくつもの小さな手が振られるシーンです。
・・・・、哀しくてせつない場面になってます。

最近感動してないわ…という貴方に見てもらいたい、いちおしの作品です。
# by yannmaru195 | 2011-05-31 22:53 | 映画 | Comments(0)

犬咬合・・・・・その2

ワンワンワンワンまたワンワン
またまたワンワンまたワンワン
夜暗くして何匹か頓と分からず
始終、只聞くワンワンのみを

漢詩のイメージがあまりにも堅ぐるしいのに
こんな、砕けた漢詩があったのには、驚いたなぁ・・017.gif・。
やんまるさんがこれを好きなのは、その情景が目に浮かぶから。
狐狸庵先生の家の前で起きていると仮定すると尚可笑しいからなんですって。

これの猫バージョンあったら最高だよ。
だけどニャンにあてはまる漢字が見つかりませんね。 
# by yannmaru195 | 2011-05-28 17:25 | 日記 | Comments(0)

犬咬合

椀椀椀椀亦椀椀
亦亦椀椀亦椀椀
夜暗何匹頓不分
始終只聞椀椀椀
この漢詩は、遠藤周作の「ぐうたら人間学」という本に
載っているんですが、面白いですね003.gif

何と読むかは・・・・、次回のブログで。
それにしても狐狸庵先生って、可笑しい人です。
ただし、これは日本古典文学大系に掲載されているそうで狐狸庵先生作ではありません。
# by yannmaru195 | 2011-05-27 22:20 | 日記 | Comments(0)

写真日記


by やんまる