カテゴリ:音楽( 4 )

月天心

月天心・・つきてんしんと読みます。
冬場の満月は、夏の太陽と同じくらい空の高い所に昇ります。
天の中心を通っているように高く位置する満月の事を月天心と言うのだそうです。
・・・11月になり寒さがみにしみてきましたが、
誰かと夜空を見る事もあるでしょう。
まぁ、誰でもいいんですが・・・。
そんな時、ちょっと思い出してみてください。
a0209045_2221932.jpg

一青窈のアルバムもこの題名。
やんまるは、今夜も「もらい泣き」を聴きながら長い夜を過ごします。
お詫び・・・
  満月の写真って探したけど・・ありませんでした。
  三日月でごめんなさい。
  ムチャクチャですが、満月を写真上に想像してからご覧ください。
冬の夜空を思い出しながらぜひ聴いててみてね。ここをクリックすると一青窈 もらい泣き
by yannmaru195 | 2012-11-06 07:07 | 音楽 | Comments(0)
a0209045_7265162.jpg

雨・・・でしたね。
雨男、雨女、はだ~れ?
でも、演奏は晴れやかなマーチの「喜びへ歩き出せ」
自由曲は「三つのジャポニスム」
やんまるはこの曲が好きです。
風情があって(お祭り気分も味わえて)しっとりしたなかにも
力強さが感じられる曲です。
一つの音を作り上げるために、猛練習の日々だったでしょう。

改めて都大会に三年連続出場おめでとうございます。
これでソウルソノリティーも常連の仲間入りですね。
今回は銀賞でした。全国大会には一歩及ばず・・でしたが、
みんないい顔、いい音、心に響く演奏でした。

ソウルソノリティーのファンがまた増えたと思います。
次は、下高井戸の音楽祭。・・雨になりませんように。
by yannmaru195 | 2012-09-03 07:27 | 音楽 | Comments(0)
a0209045_2032982.jpg

10/29日に下高井戸の商店街で行われたしもたか音楽祭に行ってきました。
今回で10回を数える地域密着型のアットホームなコンサートです。
ですが、内容は非常に濃くて参加団体も、コンサート会場の松沢小を始め、松沢中、松原高、日大櫻丘、日大、芸大、そしてやんまるさんの応援するソウルソノリティなどなど、聴きごたえ十分です。

ソウルソノリティは9回目の参加だそうです。毎年天候に恵まれず、雨女雨男がいるのでは・・・と疑いをかけられる団員もいたとかいないとか・・・。まあ、それはさておき、今回の曲も美空ひばりあり、ディズニーファンティリュージョン、嵐メドレー、そして、定演、都大会でも演奏したラッキードラゴンとバラエティーに富んだ選曲。

3.11以来、放射能汚染が問題視されていますが、ラッキードラゴンを聴くたび、被ばくした第五福竜丸のことを思い浮かべ心が痛む思いでした。

アンコール曲は「上を向いて歩こう」。
しもたか音楽祭に集った人たちの心は、この夜、「一人ぼっちの夜」ではなかったと、曲を口ずさみ帰路についた、やんまるさんなのでした。

音楽は心をホンワカ幸せ気分にしてくれます。カムサハムニダ。
by yannmaru195 | 2011-10-30 20:15 | 音楽 | Comments(0)
a0209045_23151629.jpg

9/4日に第51回東京都吹奏楽コンクールが府中の森芸術劇場で開催されました。
やんまるさんの応援するソウルソノリティは昨年に続き連続の都大会出場。自由曲に選んだのは福島弘和作曲「ラッキードラゴン~第五福竜丸の記憶~」でした。

1954年に日本のマグロ漁船第五福竜丸がビキニ環礁でアメリカの水爆実験にあい被爆するというとても悲しい事件が起きました。この事件の後アメリカ人画家ベン・シャーンは「ラッキードラゴン」という連作絵画を描きました。その絵をもとにイメージし作曲したのがこの曲だそうです。

悲しみと嘆き,西から昇る太陽、不安・怒り、祈り昇天、希望ラッキードラゴン、の5つの場面で構成されています。

ソウルソノリティは惜しくも全国大会に駒を進めることはできませんでしたが、
心に響く素晴らしい演奏だったと思います。
「ラッキードラゴン」を聴いてくださった皆様が、もう一度、原発や放射能について考え、話題にしていただけたなら、この曲は大きな意味を持つのではないでしょうか。

音楽のある暮らしは、人の心を豊かにしてくれます。秋の夜長、時間を忘れて聴き入ってしまう事もしばしば・・・、たまにはいいですよね。

    
   
   
by yannmaru195 | 2011-09-07 00:20 | 音楽 | Comments(0)

写真日記


by やんまる
カレンダー