千鳥ヶ淵の桜

a0209045_20381718.jpg

東京の桜が見ごろを迎えています。
やんまるは千鳥ヶ淵に行ってみました。
千鳥ヶ淵の名前の由来は
半蔵門から田安門に至る濠の形が
千鳥が羽を広げた姿に見えることから名づけられたそうです。

桜の花には、人や水に潜在している悲しみや怒りを
喜びや楽しみに変えて天に飛ばし、浄化してくれる力があるそうです。

もともと格の高い神様が司っている木なので、花が咲くと
その神様たちが降りてきて、強いパワーを発揮し、
運気がアップするんですって。

花を見る人、ボートに乗る人、大学の入学式に出席した人、
散歩に来た人、なんとなく来た人・・・。
みんな、みんな、桜のパワーをもらってよかったね!
by yannmaru195 | 2013-03-23 20:41 | 日記 | Comments(0)

写真日記


by やんまる