哀しみのラッキードラゴン

26日のA新聞の三面に載っていた記事を読み、とても哀しくなりました。
ベン・シャーンの国内巡回展のうち、6月から開催を予定している福島県立美術館への
所蔵作品の貸し出しを米国の美術館7館が取りやめていた・・・という記事です。
福島だけが・・・。
a0209045_21484650.jpg


その理由は…放射能。


はたして、「ラッキードラゴン」の作者ベン・シャーンはこの事態を何と思うでしょう?

核の恐ろしさ、亡くなった第5福竜丸の久保山さんの無念さ、その全ての思いを込めて描かれた
これらの絵画の訴えるものこそ、
今多くの人々に見てもらい、感じてもらわなければ・・・と思うのですが。。

そんな中、岩手の写真仲間の大先輩からメールがありました。
震災後初めて陸前高田に行き、テレビでは見ていたものの
何もなくなった平地があるだけのその光景は想像を絶するものだったと・・・。
思わず、般若心経を唱える自分がいたとも・・・。

一年過ぎようとしているのに、何も復興が進んでいないという現状。
昨年の3・11はもうすぐです。
自分たちに出来ること、節電、もう一度考えてみませんか?   
   
   ちょっと曲がって撮れてしまったのは、ただ下手っピーだからです。えへへ・・。
   昨年12月28日A新聞夕刊「美の履歴書」掲載のものです。
    
by yannmaru195 | 2012-02-26 22:19 | 日記 | Comments(0)

写真日記


by やんまる
カレンダー