宮沢賢治「星めぐりの歌」

a0209045_0331330.jpg

       童話「双子の星」より 星めぐりの歌

 あかい めだまの さそり
 
 ひろげた鷲の つばさ
 
 あをいめだまの 小いぬ
 
 ひかりのへびの とぐろ
             
             オリオンは高く うたひ
             
             つゆとしもとを おとす、

             アンドロメダのくもは

             さかなのくちの かたち。

 大ぐまのあしを きたに

 五つのばした ところ。

 小熊のひたいのうへは

 そらのめぐりの めあて。 

         ( 童話の中でポウセ童子とチュンセ童子が歌っている曲。)
 
 
 やんまるさんの故郷の夜空は、とても綺麗。
 今にも降ってきそうな、満天の星です。
 そう、こうして
 静まり返った夜空に耳を傾けると 星達のおしゃべりが聴こえてきそうですよ。  
 
 その昔、宮沢賢治も、きっとこの星達を 眺めていたことでしょう。
 時を経て、やんまるさんが眺めている、この夜空を・・・。
             
by yannmaru195 | 2011-08-11 01:24 | 日記 | Comments(0)

写真日記


by やんまる
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31